Japanese Civilization Institute

お知らせ

日本文明研究所 2016 第4回シンポジウム

日本酒はなぜうまいのか?
~和食が世界をリードする~

人間の味覚には「甘み」「苦み」「酸味」「塩味」にプラスして「うま味」が存在します。 和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたのは、「うま味」が日本の食文化の歴史の中で 発見、育成されたからでもあり、日本酒がワインと肩を並べる日も間もなくでしょう。今回は、海外でも人気の日本酒「獺祭」の蔵元、旭酒造株式会社の桜井博志社長、古事記の 研究でも知られる作家の竹田恒泰氏、長年麹菌の研究に携わってきた北本勝ひこ日本薬科大学特任教授を交え、日本人と麹の奥深い関わりについて幅広く議論していただきます。

世界市場でワインと勝負する粋な日本酒「獺祭」を来場者にお裾分けします。『日本酒はなぜうまいのか?』獺祭の桜井社長と明治天皇の玄孫・竹田恒泰、麹菌研究者の北本勝ひこ教授が激論。猪瀬直樹が参戦!

当日、開場では20歳以上でご希望の皆様に朝日酒造株式会社様から差し入れの「獺祭」の試飲を提供いたします。

日時 : 2016年5月24日 19時~21時(18時30分開場予定)
会場 : 日本経済大学東京渋谷キャンパスホール(約100人収容)
   150-0031 東京都渋谷区桜丘町25-17

参加費 : 2,000円(当日、受付にてお支払いいただきます)

※日本文明研究所は年会員の募集を開始いたします。
年会費5000円で年4回のシンポジウムに優先的に無料で参加できます。猪瀬所長のサイン本のプレゼント等、特典多数。入会ご希望の方は下記のシンポジウムお申込み先フォームよりお手続きお願いいたします。

 
お知らせ一覧

日本文明研究所とは?

日本は独特の歴史、宗教、文化をはじめとして、固有の文明を形成してきました。
サミュエル・ハンチントン博士は、その名著『文明の衝突』で中国文明とは異なる日本文明を新たに位置づけています。
本財団は、日本自身が認識していない日本のアイデンティティ=個性として、相互に関連する次の5つのカテゴリーの研究を深め、日本文明の研究と伝承を行うと同時に積極的な国内外への発信を行って参ります。

  • 思想・哲学・倫理領域
    日本思想、やまとごころ、和の精神
  • 経済経営領域
    老舗
  • 工芸・技術領域
    美術、工芸、ファッション、
    ポップカルチャー、建築、テクノロジー
  • 医療領域
    漢方、和食、医食同源
  • 総合領域
    政治、宗教

これらの研究を深め、啓蒙活動を通して日本および世界の未来の平和と継続的発展へ貢献することを目的と致します。

所長からのメッセージ

猪瀬直樹

世界史の流れのなかでヨーロッパが唯一、近代化のモデルをつくりあげたとされている。だがヨーロッパ以外で日本だけ、それに拮抗する独自の近代化の過程を歩み先進国となることができた。
日本列島は災害列島と呼ばれるほど洪水、噴火、地震、津波に襲われてきた。だが、清らかな水に恵まれ、爽やかに四季が訪れ、人びとの気質も緩やか、創意工夫に熱心でかつ勤勉、独自の文明を築いてきた。
経済や人的交流がよりグローバル化するなかで、日本と日本人には自分たちの拠り所についてより深い洞察が求められている。他の文明を受け入れる寛容な精神は、己れを知るところからはじまるのである。
国際社会で日本の果たす役割はますます重要になるだろう。日本文明研究所は有為の人材が切磋琢磨できる場所として誕生する。

財団概要

財団法人日本文明研究所
〒151-0031 東京都渋谷区桜丘町24-5
TEL : 03-5456-8082
FAX : 03-5456-8388
Mail : info@japancivilization.org

理事長 都築仁子
会長 後藤俊夫
所長 猪瀬直樹

 

Map

ニュースレター

日本文明研究所のニュースレターは、こちらからご覧いただけます。

お問い合わせ

info@japancivilization.org